チェックしておきたい面接での話し方

適度なスピードで話す

 

 誰もが緊張すると言っても過言ではない面接。その面接でよりよい印象を与えることが、転職活動では大切です。そのためには、話すスピードにも気をつけなければなりません。普段から早口の人でなくても、緊張を感じると早口になることがあります。

 

 早口で話されると聞き取ってもらえないことがありますし、印象もよくありません。これを避けるためにも、適度なスピード・聞き取りやすい声の大きさを意識しながら話すようにしましょう。

 

相手の質問をよく理解する

 

 面接においては、面接担当者の質問内容をよく理解することも大切です。それができないと、的外れな答えを述べてしまうかもしれません。質問内容を理解し、それについて自分の意見・考えを述べるということが重要です。

 

噛むのは恥ずかしいことではない

 

 面接の際、緊張のあまり噛んでしまうこともあるでしょうが、それは別に恥ずべきことではありません。アナウンサーのように流暢にしゃべることが必ずしも正解ではないですから、たどたどしくなっても自分の意見を述べることが大切です。

 

 早口で聞き取れないよりは、こちらのほうが一生懸命さが伝わるというものです。ただ、あまりにもたどたどしければ言いたいことも伝わりにくいですので、転職活動の準備として面接練習にも取り組んでおくといいでしょう。