転職を決めてから退職までに行うこと

転職は退職の数ヶ月前から行う

 

 転職を志してすぐに退職を申し出てしまうと、今後の仕事がし辛くなる可能性があります。周囲の人間からは、もうすぐ退職する人物として見られるので、周りの人間と温度差が生じてしまって働きにくくなる可能性があります。会社によって、退職を申し出るタイミングは違いますが、上司には遅くても2ヶ月前には申し出ておくことが大切です。

 

 そして、同僚や先輩後輩には退職の1ヶ月前に伝えておきましょう。そして、退職日の4ヶ月前から転職の準備を進めて、企業研究や業界の動向を把握して面接を受ける準備を進めて行きます。退職予定日には転職先から内定を貰えている状態が理想です。

 

退職までに行っておく手続きや準備

 

 退職時には自分のデスク周りを整理することになるので、出来れば働いている内から少しづつ持って帰っておきましょう。大荷物を抱えて帰宅するのは大変なので、毎日少しづつ減らしていきます。その時に退職することを周囲の人間に悟られないように注意が必要です。

 

 また、転職活動が上手く行かずに退職と同時に転職出来ない場合は、失業保険の給付や健康保険の切り替えなどの準備が必要です。退職してから慌てて行わないようにしっかり準備しておきましょう。